読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

muranoyaのブログ

https://github.com/muranoya

不動産屋の物件検索システム

 先日,東京で部屋探しをした.

いくつか不動産屋を周ってみて良い物件は見つかるが,すぐには決まらなかった.

探している時に,築年数の少ない新しい物件が気になっているみたいですね,と言われた.

これははずれだ.というのは,例えば築年数が10年の物件と30年の物件で立地と賃料がそれほど変わらないのであれば,築年数の少ない新しい物件のほうが良いに決まっている.だから色々な物件を見せられても,私は新しい物件のほうが気になる.

部屋の広さやキッチン周りなどは私はあまり興味がない.どうせ働き始めれば自炊するより外食が増えるに決まっているし,部屋にいるのは休日と平日に寝るときくらいのもんだ.

結婚しているわけでもないし,彼女ができるわけもなし,動物を飼う予定もない.最低限の部屋の広さ以上のために金を積む気にはならない.

そういうわけで,比較的古めの物件であれば,それだけ賃料が下がって欲しいというわけである.

しかし,どうも不動産屋の物件管理システム,検索システムはそういう作りになっていないようだ.おそらくだが,賃料X万円くらいで探している,と言うと,±20%程度の物件がヒットするのか,不動産屋の営業マンが意図的にX万円前後の物件だけをピックアップするのか,とにかくX万円くらい,というと言葉通りにX万円くらいの物件しか出てこない.

10万円前後の物件を探している,といって築55年10平米の3万円の物件を見せられても,おいおい,と思ってしまうだろうが,それも妥当な選択肢なのだ.私は必ずしも賃料9万円で築50年60平米の物件が見たいわけではない.